Git Github

リポジトリ

リポジトリとは、Gitの管理下にあるファイルやディレクトリの変更履歴を保管しておく箱のようなものです。管理したいアプリケーションのディレクトリを、バージョン管理の範囲として指定します。

 

ローカルリポジトリ

ローカルリポジトリとは、自分のPC上(ローカル環境)に置くリポジトリのことです。
作成したリポジトリは自分のパソコンの中にあるため、ファイルやディレクトリを変更、修正した際は好きなタイミングでこれを記録できます。

 

リモートリポジトリ

リモートリポジトリとは、外部サーバー上に置くリポジトリのことです。作成した箱が、インターネットを介した別の場所にも作られるイメージです。リモートリポジトリを直接変更修正することはなく、ローカルリポジトリの変更修正を同期して、反映させることで更新します。

 

commitコミット

コミットと読みます。ファイルやディレクトリの変更修正を、リポジトリに記録することです。
commitをすることで、変更修正の時系列の管理が行いやすくなり、変更修正を遡ることもできます。

commitの際は、「どのような変更修正なのか」をわかりやすくするためにメモを添えます。それをコミットメッセージと言います。

 

ブランチ

ブランチとは、リポジトリで管理しているファイルやディレクトリの変更の流れ、すなわちcommitの連なりです。リポジトリは必ずブランチを持っています。

このブランチは分岐ができます。本流を「masterブランチ」、分岐したブランチを「トピックブランチ」と呼びます。

ブランチのメリットを以下にまとめました。

  • リポジトリで管理しているファイルやディレクトリの本流に影響を与えずに作業ができること
  • ブランチを切ることで目的別に同時並行で作業が行えること
  • 不具合が発生した場合も対応が容易になること

プルリクエス

ブランチでのコミット履歴を残すと共に、各コミットにおける変更修正にコメントをつけることができるGitHubの機能のことを言います。以下の動画のような形で、1つのブランチでの作業について、コードを確認しつつコミュニケーションが取れる掲示板のようなものがプルリクエストです。

 

mergeマージ

マージと読みます。mergeは統合するという意味です。機能実装のために作成したブランチを、リモートリポジトリ上のmasterブランチに反映する作業のことです。

 

pullプル

プルと読みます。リモートリポジトリの変更をローカルリポジトリに取り込む操作のことを言います。

リモートリポジトリのmasterブランチはマージ後の情報になっています。しかし、ローカルリポジトリのmasterブランチはマージ前の情報のままなので、次のブランチを作成する前にpullをして情報を反映させる必要があります。

 

git cloneギット クローンコマンド

リモートリポジトリを自分のパソコンにダウンロードするコマンドです。
以下のようにリモートリポジトリのURLに.gitを加えた文字列指定することで、ローカルリポジトリとして取り込むことができます。ダウンロードをするようなイメージです。

【例】ターミナル
1
% git clone (ダウンロードしたいリモートリポジトリのURL)